投資マンションに投資しよう|安定した収入が見込める

狭い土地の活用方法

駐車場

人気の土地活用方法

狭い土地の活用方法として人気があるのが、駐車場として貸し出す方法です。駐車場は車を置くためのスペースなので、狭い土地でも運用することが可能だからです。車一台分の空きスペースしかない土地であっても運用できます。駐車場が設置されていない集合住宅や、戸建住宅が土地いっぱいに密集している地域では、駐車場のニーズが高まっています。一般的に、車の所有期間は年単位になりますので、月極契約をすれば一台あたり数千円から数万円の固定収入を得ることができます。また、建物を建築しなければならないアパート経営に比べると、初期投資の費用も管理費用も抑えられます。少ない投資額で運用益を得られることが駐車場として土地を運用する魅力です。

借り手を想定して運用する

運用したい土地の周辺に住宅が少ないケースでも、借り手を見つけることはできます。もし近隣に商業施設や法人の事務所があれば、通勤者向けに駐車場の提案ができます。社用車を置くためのスペースを設置したいと考えている会社があるかもしれません。法人が駐車場を契約する場合は、一度に複数台を借りることが多くなっています。そのため一回の契約でまとまった収入を得ることができます。駅から近い土地ならば、コインパーキングを設置して活用することもできます。個人経営もできますが、プロの運営会社に任せると楽です。コインパーキングの運営会社が土地を借り上げて運営するため、精算機の設置や細かな金銭の管理をオーナーが行う必要はありません。稼働率が高ければ、月極駐車場として運用するよりも多くの収入を得ることができる場合もあります。