投資マンションに投資しよう|安定した収入が見込める

スローライフのための投資

電卓とお金

空室リスクを減らす契約

老後のスローライフを実現するためには、マンション経営やアパート経営などの不動産投資が最適です。株や投資信託などの投資に比べると安定感があり、超低金利の今の時代には安全な投資法です。またマンションやアパートを建設する費用は金融期間の融資によって賄えますし、家賃収入をローンの支払いに充てることができます。不動産投資のリスクは空室が出ることですが、これは家賃保証という制度を工夫することで回避することが可能です。家賃保証というのは管理会社や不動産会社に管理の委託契約をし、空室が出た場合には家賃保証をしてくれるものです。特に初心者で不動産投資をする場合に効果的なやり方です。管理や家賃滞納なども管理会社が行ってくれるので、オーナーの負担が軽くなります。

優秀なパートナーの選び方

マンション経営やアパート経営をするオーナーにとって管理会社へ委託する方法が人気なのは、煩わしい住民トラブルや建物の管理などを直接する必要がないからです。しかも家賃保証の契約をしていれば、空室が出たときの家賃の心配をする必要がないのです。また新たな入居者を募集することも重要なオーナーの仕事です。管理会社に委託すれば入居者捜しもやってくれるのです。いいことずくめのようですが、管理会社の選び方がポイントになります。家賃保証の実績がたくさんある管理会社に委託するようにします。マンション経営やアパート経営をする場合、建設から建設資金の融資、そして家賃保証に至るまで一貫してサポートしてくれる不動産会社を選ぶ方法も人気です。