投資マンションに投資しよう|安定した収入が見込める

一つの土地の経営方法です

ジャケットの男性

周囲の状況を知ることです

駐車場を施工するにあたって知っておいた方が良いのは、周囲の他の駐車場の状況です。近くに沢山安い駐車場があると、利用者は分散してしまったり、最も安い場所に集中してしまったりするので注意が必要です。もし、そのような激戦区で勝負する場合は、他と差別化を図ることが大切です。例えば雪国で有れば、雪が積もらないように立体駐車場として施工したり、カーポートやロードヒーティングを採用したりするのも一つのです。ただ、先行投資や管理費がその分、かかるので利用者のニーズを見極めることは重要です。必要があれば、チラシやインターネットによるアンケートを行って、データを解析したうえで十分に利用が見込めるようだと判断できれば施工に取り掛かると良いでしょう。

工事は比較的楽です

他の建物の施工とは異なり、駐車場の場合は土地さえあれば整地して舗装を行って区画線を描くくらいなので、工事自体は簡単です。設備と言っても、出入り口の料金所を作るくらいです。無断駐車の罰金を表示する看板や無断駐車が出来ないように柵などをつくることも大切です。もちろん、立体駐車場やカーポートは別物なので、それらはそれなりに大変です。もう一つ気を付けるのは、地盤の状態です。整地してみた段階で、かなり緩いと感じたら地盤改良工事が必要になる場合があります。駐車場専門の施工業者もいるので、見積もりなどを取りながら相談してみましょう。その際は地盤の調査や整備、設備の設置などでどの位の費用が必要なのか、またどの位の期間を要するのかも確認しておくことが大切です。