投資マンションに投資しよう|安定した収入が見込める

買う物件は慎重に選ぼう

マンション

投資目的が変化しています

不動産投資をする人がここ数年で急激に増えています。この背景には金融機関の不動産投資に対する姿勢が緩んできたことが挙げられます。以前は年収500万円以上でなければ、なかなか融資を受けることができませんでした。しかしながら、最近では年収400万円台でも審査に比較的通りやすくなりました。資金調達がしやすくなったことが物件価格に反映され、じわじわと販売価格が吊り上がっています。この状況は、始まったばかりであり、今後もしばらく続くと考えられています。以前にも、不動産投資がブームになったことがありましたが、その頃と今とでは不動産投資をする目的が変わっています。現在では、長期投資を目的に投資マンションを保有する人が増えています。

需給は逼迫しつつあります

但し、気を付けなければならない点は、投資マンションであれば何でもよいということでありません。所在エリアを慎重に選ぶ必要があります。今、もっとも安心して投資をすることができるのは東京の都市部です。東京には人口の流入が続いています。一方で、投資マンションの建設には規制がかかるようになってきました。そのため、賃貸の需給が逼迫した状況になっています。つまり、東京の投資マンションは空室リスクがほかのエリアに比べて非常に小さいのです。東京の投資マンションは数が限られています。もしも、これから不動産投資を始めようと考えているのであれば、早めに物件を物色しましょう。悩んでいるうちに優良物件はどんどん成約していきます。

駐車場

狭い土地の活用方法

狭い土地の活用には駐車場運営が適しています。投資金額を抑えて固定収入を得ることができるためです。月極契約の他に、コインパーキングを設置して運用する方法もあります。土地の立地に応じて運用方法を検討します。

ジャケットの男性

一つの土地の経営方法です

駐車場の施工は、他の建物の施工に比べると非常に簡単で工事費用も安いのです。駐車場経営を考える場合は、周囲の状況とその地域を利用している人のニーズを把握する、必要な設備は先行投資でつけることで、他の駐車場とは差別化を図ること出来るでしょう。

電卓とお金

スローライフのための投資

老後のスローライフを実現するためには、不動産投資が適しています。安定した家賃収入を得るためには空室を出さないことが大事ですが、家賃保証をしてくれる管理会社に管理を委託することでリスクを減らせます。不動産会社の中には建設計画から資金の融資、完成後の管理まで一貫して行うところもあります。